トップページ > ニュース > 原水協通信 草の根2010年5月号

―核不拡散条約(NPT)再検討会議、始まるー

あいち平和行進の日程決まる

2010年あいち平和行進の日程が決まりました。今年も例年通り、5月31日から6月11日まで12日間の日程で県内を歩きます。1958年から始まった平和行進は52周年を迎えます。文字通り、思想、信条、党派をこえて、県民の反核平和の願いを大きく結集する「平和行進」として、各地で準備が始まっています。
2010年、今年の平和行進は、核不拡散条約(NPT)再検討会議を「核兵器のない世界」への歴史的な転換点とするために、世界中の運動が5月2日のニューヨーク行動に結集するのをはじめ、NPT再検討会議の期間(5/3~5/28)、核兵器廃絶を求めて世界各地で多様な行動がとりくまれる中での行進となります。愛知は、県原水協から参加する方を始め130人以上がニューヨーク行動に参加します。
また、名古屋市役所~ 清須市~北名古屋市、岩倉市役所~一宮市役所~江南市役所、扶桑町~犬山市の各エリアで新コースづくりが進められています。
2010年あいち平和行進は、こうした世界の運動に合流し、草の根から核兵器廃絶の大きなうねりをつくる、従来の枠を大きく超えた行進として成功させます。核密約の廃棄、基地撤去、非核三原則の厳守、憲法9条を守るなど県民世論を高めましょう。世界大会の成功をめざし、がんばりましょう。
一歩でも二歩でも、一人でも多くの県民市民のみなさんが参加できるよう、よびかけを広げましょう。

2010年あいち平和行進スローガン

〔メインスローガン〕 〔サブスローガン〕

あいち平和行進2010 コース・日程


あいち平和行進2010 ブログ

4月7日、原告の中村昭子さん、認定証受け取る

3月11日に名古屋高裁で勝訴判決を言い渡された、原告の中村昭子さんが、3月31日付で原爆症に認定されました。4月7日には、県健康福祉部健康対策局健康対策課の丸山課長から、中村さん本人に認定証が手渡されました。




NPTにむけて各地で奮闘!宣伝・学習会・壮行会・3・1ビキニデー報告会など

岩倉市、住民数の1割目標(4,899筆)を突破 愛知県内1割突破第1号!

岩倉市は、4月19日最終の集約を行い、持ち寄られた署名458筆が加えられ、住民数の1割を突破しました。この間、愛友会岩倉支部、新婦人、年金者組合、共産党市委員会、革新懇などが、9の日、統一行動などを軸に頑張ってきました。県下で住民数の1割突破第1号です。

うたごえ協議会、壮行会を開催!ニューヨークでもうたごえを響かせよう

4月18日(日)夜、愛知民主会館にて、NPT愛知のうたごえ代表団の壮行会が開かれました。
日本のうたごえ協議会では、NPT再検討会議の開かれるニューヨークで、反核・平和のうたごえを響かせようと、日本のうたごえ代表団を組織。愛知からは7名の仲間が参加します(全国では約90名)。
代表団の仲間たちは、参加するにあたって、県下のうたごえサークルに訴えにでかけ、歌集「歩いて行こう」を普及しながら、派遣カンパのお願いをしてきました。また、愛知県原水協が呼びかけた署名行動にも参加するなど、署名集めも奮闘しています。
壮行会には、仲間を送りだす合唱団・サークルのメンバーをはじめ、 10団体40 名が参加。連帯の挨拶は、県原水協事務局長の佐竹康行さん。佐竹さんは、パワーポイントを使い、5年前のニューヨーク行動にも触れながら、NPT再検討会議について、わかりやすく話されました。
その後、代表団ひとりひとりが決意をこめて挨拶。そして、ニューヨークで演奏する曲を、英語バージョンも交えながら演奏しました。また、歌集に載っているうたを、みんなで歌い交わし、交流しました。

花見宣伝 地球規模の連帯が「核兵器のない世界を」つくる

4月9日、名古屋市職労は、青年部と環境局支部を先頭に、「9の日宣伝」を行いました。核兵器廃絶署名91筆、9条署名42筆を集約しました。カンパも2000円集まりました。金曜日の鶴舞公園はまさに花金。多くの方が両手に酒と肴を持って通ります。そこで、「花見は平和でこそですよー」と訴えると、重い荷物を降ろして署名に応えてくれました。
特に、この日の朝刊各紙一面トップは、チェコのプラハを再び訪れたオバマ大統領とメドべージェフ大統領が「新核軍縮条約」に調印し大幅削減との大きな記事が載っていました。その影響もあり、道行く人から「核廃絶もいよいよだね」「ホント、ホント、無くさないといかん」「頑張れよ」との声援も。元気の出る宣伝行動となりました。
一方、日本の鳩山首相は「核密約」ウヤムヤ。「非核3原則」フラフラ。「基地移転」オロオロ。前向きなのは消費税増税だけです。私たちの運動で前向きな流れを大きくしましょう。(「なごや市職ニュース」より)

東谷山フルーツパーク前、ロングラン宣伝を実施!一日で600筆達成!

4月11日シダレザクラまつりが開催されているフルーツ・パーク北門前で終日署名行動をしました。午前中は、瀬戸・県から5人の応援もあったので、正門にも回り署名を集めることができました。地元からは、のべ13名が参加。反核・平和の服を着た9条犬“アップルちゃん”も来てくれ、子どもに「なくそう 核兵器」のシール付きの風船を配りながら、楽しく署名を集めました。途中で数を数えたら、300筆以上あったので、500筆は集めようと声を掛け合い、閉園間近に数えたら、595筆。あと5筆集めて600筆にしようと、まわりにいた人に頼むと、すでに両親は書いた人の子ども2人が書いてくれたり、あと少しなら、と協力してくれた人がいて、めでたく600筆達成。みんなで拍手をしました。         (守山・戸谷発)

ビキニ報告会・NPT壮行会 ビキニデー春日井報告会 核兵器署名で活発な討議

2010年ビキニデー春日井報告会は、4月11日レディアン春日井で18名が参加して開かれました。報告会はピースフェスタ春日井の新議長竹原さんの挨拶ではじまりました。
最初に愛知県原水協の佐竹さんから、ビキニデーの特徴とNPT再検討会議にむけての情勢についてスライド映像で話してもらいました。その後、落合美恵子さん、水野さん、今枝さんから集会の報告を受け、交流・討議に入りました。
討議では創意工夫をこらした署名活動の状況が話し合われ、ニューヨーク1200万署名達成の決意を燃やすことができました。
続いて第二部では春日井地域から参加するニューヨーク代表団の激励壮行会が行われました。代表団は平和委員会の赤塚さん、共同印刷労組の今枝さん、愛高教の吉田さん、新婦人の森下さんの4名で、今枝さんと赤塚さんが力強い決意を述べ大きな拍手を受けました。
終わりにニューヨーク経験者の渡辺さんが励ましの言葉を送り、会計担当の山岡さんがピースフェスタからのカンパを贈り、報告会は成功裏に終わりました。終了後の生協の署名活動には10名が参加し、46筆を集めることができました。
(春日井ピースジャーナルより取材)