トップページ > ニュース > 原水協通信 草の根2011年5月号

歩こう核兵器のない世界へ

あいち平和行進の日程決まる

愛知の平和行進は、3月16日第1回県実行委員会を開催し、本格的な準備をスタートさせました。

2011年要綱の討議の中では、①2011年あいちの平和行進は、愛友会、コープあいち、大学生協、愛知作業所連絡会、うたごえ協議会などと、県原水協に参加する諸団体が「あいち平和行進共同連絡会」を例年通り構成すること、②県内最大の反核平和の共同行動として、5月31日から6月11日まで12日間の日程で県内 を歩くこと。1958年から始まった平和行進は54年目を迎える。文字通り、思想、信条、党派をこえて、県民の反核平和の願いを大きく結集する「平和行進」として、広く呼びかけること、昨年5月のNPT再検討会議は、「核兵器のない世界の平和と安全を達成する」との「目的」 と「原則」を確認し、核兵器のない世界を達成し維持するための「枠組」を確立するための特別の努力をすべての国に求めました。ことしの平和行進は、こうしたNPT再検討会議の合意の実行をせまるため、核兵器禁止条約の交渉開始を求める新しい署名運動がスタートした中での行進であり、この国際的キャンペーンをすべての市区町村にひろげ、核兵器禁止の大きな世論を築く行進として成功させること。また、東日本大震災への被災者支援、原子力エネルギー依存から自然エネルギーへの転換、非核平和の日本の実現を広くアピールする行進としてとりくむことなど、あいち平和行進としての基本を確認しました。



ことしの共同スローガンは、☆核兵器の全面禁止を求めてともに歩こう!



2011あいち平和行進県内コース


★あいち平和行進2011のページ

「核兵器全面禁止のアピール」署名を広く県民に呼びかけながら、2011年世界大会にむけて、あいち平和行進を成功させましょう。 一歩でも、二歩でもを「合い言葉」に、核兵器のない平和な世界をめざしてともに歩きましょう。

高校生平和ゼミナールが署名行動を実施

―毎月署名に取り組むことを総会で決定―


愛知県高校生平和ゼミナールでは、3月20日の総会で、毎月、署名行動を行うことを決定。4月17日、栄の噴水前で、今年度初の署名行動を行いました。
当日は、8名がそれぞれの学校の制服を着て集合。初めてのメンバーも含め、2人一組になり、署名板とピースメッセージを書く用紙を手に、親子連れや高校生、おとなにも次々と声をかけました。中には、「原爆がどうやってできてるか、知ってるか?知らずに署名だけ訴えてもダメ」とか「国連がちゃんと機能してないから、戦争が起こる」などと話してくるおとなもいましたが、「高校生でやってるの?がんばってね。」と応じてくれる人もたくさんいました。
1時間余の行動で121筆の署名を集めました。また、夏の長崎へ持っていくピースメッセージも41人から寄せてもらいました。ゼミ生たちは「おじさんにびびったけど、あとは順調にいって良かった。」「がんばってねと言う優しい声もあって、心があたたまった。」などの感想を寄せていました。(M)




被爆者支援ネット 総会開催のお知らせ

と き 5月14日(土)12時30分開場,13:00~16:00頃

ところ 名古屋市総合社会福祉会館 大会議室

(名古屋市北区清水四丁目17番1号 北区役所7階)

原爆症認定集団訴訟は、2009年8月の「合意」により、新たな訴訟提起の必要がないよう定期的な協議の場を設け解決を図る事が確認されました。しかし、定期的な協議の場が行われないばかりか、厚生労働大臣は、それまで滞留していた被爆者の認定申請のうち約86%を却下するなど、新たな被爆者の切り捨てを進めています。この切り捨ては、「確認書」や司法の判断との乖離は明らかであり、認定基準の大幅改定と、国家補償のともなう法改正の実現にむけ、引き続きたたかいが必要となっています。
また、県下の被爆者約2,900人の平均年齢は76歳を超え、医療・福祉、生活など多面的なサポートが益々必要となっており、支援の輪を広げていくことがとても重要となっています。
今回の総会では、被爆者支援と原爆症認定訴訟の課題という二つのテーマのお話をお聞きし、今後の活動に生かそうと考えています。






「東日本大震災・救援募金」のお願い

愛知県原水協は、支援の一助として、救援募金を訴えます。寄せられた募金は、もっとも大きな被害を受けた、岩手、宮城、福島など各県原水協と協力して、被災自治体を通じて避難中のみなさんの援助のために届けるようにします。
 以下に、「東日本大震災救援募金」と明記くださり、お振り込み下さるようお願いします。

<郵便振込>
口座番号:00850-8-49385
加入者名:原水爆禁止愛知県協議会

この間呼びかけてきました「東日本大震災・救援募金」は4月27日現在、115,224円をお寄せいただきました。ありがとうございます。
大震災募金につきましては、すでに日本原水協に託しました。引き続きご協力の程、よろしくお願いします。