ニュース

県原水協のニュース

2020年6月6・9チラシができました

202006_69_chirashi.pdf

20200669チラシ.jpg

 

≫ Read More

2020/05/27 県原水協のニュース   愛知県原水協事務局

4月25日 オンライン原水爆禁止世界大会ニューヨーク

4月25日の日本時間22:00から開かれたオンライン原水爆禁止世界大会ニューヨークの発言、動画、主催者発表の声明を盛り込んだ日本原水協通信ブログが、アップされました。発言は日本語訳が届き次第、順次アップしていきます。

日本語同時通訳の動画は、生協労連のYouTuber真壁さんが配信してくれた素晴らしくクリアな音声のものをアップしています。
 
▼【動画あり】オンライン原水爆禁止世界大会ニューヨーク発言

http://www.antiatom.org/Gpress/?p=17940

≫ Read More

2020/04/26 県原水協のニュース   愛知県原水協事務局

2020年のあいち平和行進の「かたち」

4月10日、新型コロナウイルス感染症に関する全国及び愛知県の感染状況等にかんがみ(現在の状況で新型コロナウイルスに関しては、「人の移動」と「人を集める」ことが感染拡大につながることが指摘されています)、その拡大を防止するため、愛知県緊急事態宣言を県が発出しました。

感染防止と参加者の安全を第一に考え、愛知県内の平和行進は、例年通りの行進は行えないと判断します。

例年行っている「宣伝カーを先頭に、行進団が隊列を組んで道路(=警察に申請したルート)を歩く」行進は、一切実施しません。

2020年原水爆禁止国民平和大行進は、世界大会の成功をめざして8月4日広島をゴールとしています。

それぞれの状況に応じて新型コロナ感染防止に細心の注意を払いながら、市民にアピールできる創意的な方法を検討していきます。

5月31日からの行進では、行進横断幕を静岡から引き継ぎ、スタートとして動画を配信し、

被爆75年の原水爆禁止世界大会成功に向けて、行動を呼びかけられます。

いま新型コロナ問題は国を超えて世界の人々が力を合わせるべき緊急の課題です。

同時に、人類の生存、地球の存続に核兵器廃絶も焦眉の課題であることをしっかりとらえて、

住民感情を考慮しつつ、平和行進の方法も規模や形態を工夫しながら、

“核兵器なくそう”と前向きに発信する、あいち平和行進の「かたち」を創っていきたいと考えます。

 

以上の点から考えられる、あいち平和行進の「かたち」として

・不特定多数の市民に参加は、呼びかけない

・発熱、咳、だるさなどがある場合は参加を取り止める

・マスクを着用する。

 

宣伝カーでキャラバン的に、点(市役所などの公共施設、公園、平和を祈念する碑など)と点を結ぶ行動で、平和行進の横断幕を広島につなげる、あいち平和行進をかたちづける。

・それぞれのポイントには、県平和行進の宣伝カーを30分間、配置する

・県の宣伝カーに、それぞれの平和行進ペナント、平和行進募金、折り鶴、ヒバクシャ国際署名を届けてもらう。行進できない(=歩けない)状況だからこそ、願いを託してもらうことが重要です。

・それぞれのポイントは、ペナントや折り鶴、平和行進の募金、署名などの「受領式」として位置付け、その模様を動画撮影して、あいち平和行進のホームページにアップする。社会的にあいち平和行進としてのアピールの場と位置付ける。

・自治体の挨拶などが受けらる場合は、代表がそこに来ていただき挨拶してもらう。

・平和行進の日程は、別に示した元のコース案をもとに出発、休憩、終結の場所と時間は大幅に変更する。地域で検討して、県原水協まで連絡をいただきたい。

・事前に平和行進の募金も地域で、訴えをしていただき持ち寄る

・出発、終結集会は、行わない。

・県事務局として、アルコールスプレーなどを準備する

・ピースアクション、折り鶴平和行進は中止する

・署名は、ハガキ形式のもの作り準備しています。各地域で、活用をお願いします。

・県内通し行進者は、今年は募集しない。中央通し行進者、国際青年リレー行進者は、今年は取りやめ

・自治体要請行動は、できるだけ事前にお願いします。

・いま新型コロナウイルスは国を超えて世界の人々が力を合わせるべき緊 急の課題です。

人類の生存、地球の存続に核兵器廃絶も焦眉の課題であることをしっかりとらえ、住民感情を考慮しつつ、平和行進の方法も規模や形態も工夫しながら、“核兵器なくそう”と前向きに発信しましょう。具体的には、スタンディングで、行進フラッグを持って、下記のようなかたちで、SNSで発信しましょう。

★それぞれの場所で 一緒に歩こう、「あいち平和行進」を   (ウェブサイト平和行進)

お散歩的「あいち平和行進」を各自、各地、各家々にての皆さんの動画投稿が、「あいち平和行進」を作り上げます。通年の平和行進の形態ではなく、お散歩感覚で、 「お一人さま平和行進」的に取り組む

コースは、自由で、お散歩感覚で    ※密集、密接、密閉はNGです!

 

参加の仕方は★) #あいち平和行進  #平和行進 を入れて、ツイートしてください。

twitterはしてない(もしくは非公開だよ)という方は、<gensuikyo@lime.ocn.ne.jp>まで送ってください。

中継ではなく、30秒以内の短い動画をアップしてください。 レポートでも、かまいません。

また、インターネットを使用しない方は、FAX(052-931-2651)でお願いします。

平和行進の、ブログなどにアップしていきます。

 

私たちには「核兵器のない世界をつくりたい」という思いがあります。 この状況の中でも、誰かと繋がりたい。この状況の中だからこそ、これまでずっとずっと言ってきたことを、改めて伝えたい。

「一緒に歩こう」   それぞれに、歩きましょう。それを集めて、あいち平和行進を形づくります

あいちの街を。自分の街を思い浮かべて。誰でも、何所にいても参加できます。

プラカードやフラッグなどを、用意をしてもいいですよね。 好きなアピールグッズを準備して、好きなように歩きます。録音した音楽、楽器の生演奏に合わせてもいいですよね。録音したアナウンスとか

 いいですか?今、あなたがいる場所が開催地です! みんなが生活している、家やその街、その場所です。

皆さんの動画投稿や写真が、あいち平和行進になります

 

◆名古屋集中行進については、地域実行委員会で、スタンディングなどの検討をお願いします。

・県事務局へ、行動の報告をメールもしくは、FAXで、連絡を入れる。

・幹線コースの中村公園から若宮広場コースについては、

・中村公園に10:00~11:00、若宮広場に12:00~13:00の時間に県平和行進の宣伝カーを配置します。平和行進ペナント、平和行進募金、折り鶴、ヒバクシャ国際署名届けてもらう事も可能です。

 ・例年行っている「宣伝カーを先頭に、行進団が隊列を組んで道路(=警察に申請したルート)を歩く」行進は、一切実施しません。

 

以上のかたちで、平和行進を広島、長崎へつなげたいと考えます。

よろしくお願いします。

≫ Read More

2020/04/26 県原水協のニュース   愛知県原水協事務局

2020年原水爆禁止国民平和大行進 全国通し行進ならびに国際青年リレー行進の中止と東京の行進準備について

平和行進中央実行委員会事務局から下記の発表がありました。

2020年原水爆禁止国民平和大行進

全国通し行進ならびに国際青年リレー行進の中止と東京の行進準備について

2020年4月3日行進事務局

 

先に「各都道府県の実情を踏まえた平和行進」について要請した以降、事務局団体会議では新型コロナウイルスの感染症拡大を踏まえ、参加者と国民の命と健康を第一義に考えること、同時に、平和行進の重要な役割を守り、それぞれの時期と実情を踏まえて、創造的に対応することを課題に、何ができるのかを追求してまいりました。中央実行委員会・都道府県実行委員会の皆さまに、以下の対応へのご協力をお願いします。

 

1.全国通し行進ならびに国際青年リレー行進の中止について

 23日の時点では、コロナ感染を防ぐための措置として、行進者からのアピールを中心とし、市民の行進参加は呼びかけないこと、都道府県にまたがる通し行進は、受け入れ側の意思を尊重することを確認し、都道府県実行委員会の受け入れをお願いしていました。しかし、その後も感染は全国的にも国際的にも急速に拡大しており、海外からの日本への渡航はもちろん、国内的な移動も、いっそう警戒が必要になっています。

 事務局団体会議では、この実情を踏まえ、ことしは全国通し行進、国際青年リレー行進を中止することで、皆様に理解と協力をお願いすることにしました。被爆75年ということで意気高く準備してこられた皆様には、歩く側も受け入れる側にとっても大変悔しい決断かと思います。来年の行進にはぜひ歩いていただきたいと思います。

 

2.5月の夢の島の出発、都内の行進について、

 東京では、いま現在、一日の感染発生数が100件に上っており、なお、上昇ラインを辿っています。同時に、国民の運動は、私たちの6・9行動、国民的な「総がかり行動」などそれぞれが、発生を抑え、マスクを着用しながらサイレントアクションとして、被爆写真で訴え、署名を集めるなど多くの工夫を凝らして、国民の世論を支えています。

 5月6日の夢の島の出発も、参加者の自発的意思を尊重し、コロナ感染防止に細心の注意を払いながら、都民にアピールできる創意的な方法を検討しています。

 同時に、参加者や都民、国民の健康と命を守ることは最優先事項です。従って、もし現状が収束せず、感染拡大の上昇が続く場合には、中止と判断することがありうることをご理解ください。

 最初に出発する東京の状況として5月6日に関しては、状況に合わせて何ができるのか可能性を当日ぎりぎりまで追求し、緊急事態宣言およびそれに準ずる措置が講じられた場合には行進を中止する判断をします。ただし、全国一律の措置ではありません。

 

3.各都道府県の行進について

先の要請文書に対し、「従来通りの行進を前提にしているのでは?」というご質問をいただきました。事務局団体としての考え方は、1、2、のそれぞれの項目にある通りですが、同時に、現在のコロナの感染状況は、都道府県によって大きな違いがあり、また、3カ月にわたる行進ですから、時期によっても違いが生まれます。

検討にあたっては、新型コロナウイルス感染の状況を踏まえつつ、「核兵器廃絶」をひろく市民に伝えるために何ができるのか、知恵を出し合ってください。その際、先に要請しました「不特定多数の市民に参加は呼びかけない」「朝の時点で発熱、咳、だるさなどがある場合は参加を取り止める」、「マスクを着用する」などに加えて、「参加人数、行進時間、人との間隔、集会の規模」も考慮してください。人命が何よりも大切です。十分に議論し、具体化してください。

 

以上

≫ Read More

2020/04/03 県原水協のニュース   愛知県原水協事務局

4月6・9チラシ 日本原水協作成

被爆75年 人類生存へ核兵器のない世界を

被爆国から「ヒバクシャ国際署名」を広げましょう

参加すべきNHK.jpg

世界の人びとが力あわせる時

新型コロナウイルスが世界保健機関(WHO)により「パンデミック」と言われるように世界規模で猛威を振るっています。私たちがくらす世界は、国を超えて世界の人びとが力をあわせるべき共通の課題が多くあることが浮き彫りになっています。

「核兵器のない世界」の実現は、人類生存にとって最も緊急かつ重要です。今なお1万4000発近くある核兵器は、人類を何度も絶滅に追い込み、本来は医療やくらしに回るべき膨大な費用(米国だけで30年間に110兆円)がつぎ込まれているのです。

核兵器禁止へ声をあげよう

「核兵器のない世界」へ、揺るぎない流れがあります。先日、アフリカのナミビアが核兵器禁止条約の36番目の批准国となり、発効に必要な50か国まであと14となりました。核兵器に関わるあらゆる活動を禁止する条約への支持は圧倒的です。この流れを後押しする「ヒバクシャ国際署名」にご協力ください。

qrヒバクシャ.jpg「ヒバクシャ国際署名」はQRコードから署名できます^^

4月6・9チラシ

202004_69_chirashi.docx

202004_69_chirashi.pdf

≫ Read More

2020/03/24 県原水協のニュース   愛知県原水協事務局